Home > アーカイブ > 2011-04

2011-04

インストール直後にやること

ゴールデンウィーク最中ということもあり、ここ数日、サイトのアクセス数が非常に多くなっています。
普段は WordPress の Counterize II によると、 Hits from unique IPs, today: でせいぜい20くらいなのに、Ubuntu 11.04 の正式版公開間近から100を越えることもありました。私にとってはビックリな状況です。
春と秋だけの季節的なものとはいえ、訪れていただいた方々に申し訳ないので、もっと有用な情報が掲載されているサイトをご紹介します。
「Ubuntu をインストール直後にやること」、下のサイトで丁寧に説明されています。
http://www.k5.dion.ne.jp/~r-f/sicklylife/memo/ubuntu1104/setting_and_install.html

私のサイトではあまり詳しい情報が書いていないので、設定の参考にして下さい。

# Google だとキーワード “ThinkPad”,”Ubuntu”,”grub2″ で
# 訪れるケースが多いようです。
# 様子は下のとおり。
counterize-ii
 
 
 

Macbuntu

TrackPoint の設定、少し重たく感じていたので調整しました。
既出ですが、/etc/rc.local に次を追加します。

echo -n 200 /sys/devices/platform/i8042/serio1/speed
echo -n 200 /sys/devices/platform/i8042/serio1/sensitivity

数字は0~255までの範囲です。再起動すれば反映されます。
で、マウスの設定で適当な感度、速度に調整しました。

# 以前に紹介しました configure-trackpoint を強制的にインストールしても設定はできます。
# こちらです。
# ただし、バージョンが古いのか、11.04で動作保証されたものではありません。

・・・Unity になって感じたことです。
サイドバーの”アプリケーション”、使えば使うほど “よく使われるアプリ” が充実するので便利です。
ただ、タブレットPCの場合は大きなアイコンを間違いなく選択できるので便利かもしれませんが、マウスの場合、横に動かしてサイドバーのアイコンをクリックしてからお気に入りのアイコン、もしくは右上のすべてのアプリケーションから表示・検索するという動きになり、マウスカーソルを大きく動作させなければならないので不便さを感じました。

# “アプリケーション”の上で右クリックすれば、目的のカテゴリーが
# 表示できます。

見た目は、Cairo-dock のような派手な動きがなくて、効率的かもしれませんけれど少々さっぱりしすぎているなと。
で、Macbuntu 11.04 をインストールしてみました。
ISO はこちらです。
http://www.oslike.se/macbuntu-iso/7-macbuntu-iso-1104
日本語化は、Language supportから言語、地域フォーマットで日本を選択すると、インプットメソッドを始め、必要なファイルのダウンロードが行われ、ubuntu11.04のインストール直後と同じ状態になります。後日、日本語Remixを適用(レポジトリを追加)すれば完璧。
言語サポート
標準では Docky がインストールされますが、 Cairo-dock に変更しましたところ、いままでのApplication Menuも表示されました。
こんな感じです。
cairo-dock

・・・サイドバー、いらない?

ログインで ubuntu クラッシック を選択すればサイドバーなしの今までどおりです。
しばらくこれでいってみよう。

Ubuntu 11.04 入れてみた

あっけなくインストールできました。ほんと、最近はインストールで苦労することはありません。
パーティションは10.10で使っていたままsda3に”/”、sda4は”swap”に、10.10を削除してインストールしました。

GRUB2 は以前に試行錯誤したので、今回は最初から PBR(sda3)にインストールして問題なし。
日本語インプットメソッドはAnthyでした。

NAS(samba)の共有ディレクトリへの接続はサイドバーのホームフォルダを開いて、グローバルメニューの”移動(G)”、”ネットワーク(N)”と進めばOK。

サイドバーの検索”ファイルとフォルダー”は、日本語での検索(入力)が今のところできません。Ubuntu 日本語 Remix で対応するのかな。

トラックポイント(センターボタン)の有効化は、gpointing-device-settingsをサクッとインストールして、サイドバー”アプリケーション”から右上端のVをクリックして”テーマ・設定”をクリックするとPointing Devicesが起動できます。設定は”2″でOK。
これ。

TrackPoint有効化

カーソルの動きは同じく”テーマ・設定”の”マウス”から。加速最大・感度最低でも重たく感じるくらいでした。

他にも気になることがあるので、もう少し使ってみてから Unity とつきあうかどうか考えよう。

 

 

Ubuntu 11.04

ダウンロードが可能になりました。
Ubuntu 日本語 Remix は数日遅れの公開となります。
まずはダウンロードして明日にでも X200 にインストールしてみようかな。

http://www.ubuntu.com/download/ubuntu/download
 
 
 

ValueCommerce

レノボ・ジャパン株式会社の広告はいろいろありますが、このサイトにも表示させたくてGoogleで検索したら、バリューコマース株式会社と提携しているということでした。参加手続きの詳細はLenovo アフィリエイト・プログラムお申込みのとおりです。

審査さえ通過できれば、あとは WordPress のテキスト・ウィジェットを使うことで、特別なプラグインをインストールしなくても簡単に表示できるようになります。

あまりベタベタ表示させるのもなんですが、殺風景なサイトや記事が何となく見栄え良くなる・・・・・ような気がするだけで単なる自己満足ですよね。

 

 

 

発注

昨日の日曜日、E-クーポン4万円値引きが有効なギリギリ23時30分ころ、迷いに迷っていましたが、とうとうT420sを注文しました。

ThinkPad T420s スペシャルパッケージ

納期は2~3週間です。
・・・当然ですが、Ubuntu 11.04もインストールします。
 
 
 
 

NextGEN Gallery

背景やロゴの固定ページ “Gallery” を整理してみました。

画像ファイルを管理するプラグインは、やっぱりNextGEN Galleryが便利みたいです。
アルバム、ギャラリーと設定して、今の様子は“Gallery”のとおりです。

もともと画像ファイルの少ないサイトなので、WordPress標準機能で十分、わざわざNextGEN Galleryのようなプラグインを入れる必要も無いといえばそれまでですが、物は試しということで。

・・・結局のところ使用はしていませんが、hycko.blogさんのサイトでNextGen Galleryの表示方法の説明 – FlashViewer編のとおり、詳しい説明がありましたので参考にさせていただきました。SimpleViewerのダウンロードはこちらです。
 
 
 

11.04 カウントダウン

Ubuntu 11.04 、4月28日からダウンロード開始だそうです。

ニュース(JCN NETWORK)

前回はアップグレードインストールでしたけど、今回はクリーンインストールでやってみよう。
GRUB2 は相変わらず MBR へのインストールが基本(こちら)でしょうねえ。
とりあえず /home を tar でまとめておこうかな。
ゴールデンウィークはいろいろ忙しくなりそう。

Ubuntu homepage
 
 
 

ThinkPad T420s

NVIDIA NVS 4200M Optimus グラフィックス、選択できるようになってました。
こちらです。
ThinkPad T420s

s30、x31、x200と使ってきましたけど、だんだん大型化しているような。
・・・でもいいなあ

802.11n

ボケボケでした。今まで大容量ファイルを転送する機会があまりなかったので何も不自由を感じず、無線LANが802.11g接続だったことに気づきませんでした。アクセスポイントはAtermWR8700Nです。

何気に無線LANの接続情報をみたら54Mbpsとなっていたので調べてみたところ、intelのドライバがイマイチらしく、802.11nはデフォルトで無効になっているそうです。

TrinityTさんのページにあるとおり解決方法は簡単で、/etc/modprobe.d/intel-5300-iwlagn-disable11n.confを削除してしまえばOKでした。

・削除(いちおうバックアップ保存)

yoshimi@X200-ubuntu:~$ cd /etc/modprobe.d/
yoshimi@X200-ubuntu:~$ sudo mv ./intel-5300-iwlagn-disable11n.conf intel-5300-iwlagn-disable11n.conf.bak

・無線接続の再起動

yoshimi@X200-ubuntu:~$ sudo modprobe -r iwlagn && sudo modprobe iwlagn

・接続状態確認

yoshimi@X200-ubuntu:~$ sudo iwconfig
wlan0 IEEE 802.11abgn ESSID:”****************”
Mode:Managed Frequency:5.18 GHz Access Point: 00:00:00:00:00:00
Bit Rate=150 Mb/s Tx-Power=14 dBm
~~

X200購入後約2年間、何となく損をした気分です・・・。
まあ、300Mbpsではなくて150Mbpsなのはご愛嬌。
 
 

Home > アーカイブ > 2011-04

2011年4月
« 11月   5月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Return to page top