EASEUS Todo Backup Home

2017 年 9 月 18 日

ThinkPad 、Ubuntu とも関係のない話題です。

訳があって、160GBの HDD (使用量は25.7GB)を外付け HDD に丸ごとバックアップしました。
それはいいのですが、リカバリーにどれくらい時間がかかるのか試してみました。
使用したのは EASEUS Todo Backup Home (https://jp.easeus.com/backup-software/free.html)です。

※記事投稿時のバージョンは
EASEUS Todo Backup Home 2.5
日本語化ファイル 2.02
※バージョンが異なりますけど大丈夫でした。

(環境)

バックアップ元
バックアップ先
使用ソフト
: dynabook TX/67DS HDD (5400rpm 160GB に換装)
: USB 2.0 HDD 40GB(5400rpm)
: EASEUS Todo Backup Home ver 2.5

バックアップには EASEUS Todo Backup の機能である Disk Clone を使いました。
大HDDから小HDDへの丸ごとバックアップですが、MBR もシステム領域も全部、パーティションサイズを自動で変更してクローンを作成してくれます。

バックアップ元160GB→バックアップ先40GBのクローン作成は1時間程度で終了しました。
で、リカバリー(40GB→160GB)の時ですが、160GB HDD に空き領域ができるのが嫌だったので、パーティションサイズを変更(拡大)する設定で実施しました。

これが失敗だったようで、たった25.7GB しか使用していない状態でも、たっぷり8時間30分を費やしました。

・・・リカバリーそのものは完璧でした。
反省として、ここは素直にそのままのサイズでリカバリーしておいて、後で Windows7 標準機能のボリューム拡大を使用したほうが、圧倒的に早かったのではないかと思われます。
(試す気力もないですけれど)

未分類

Posted by yoshimi