Window Maker

久しぶりにWindow Makerをインストールしました。Software Centerからキーワードwmakerで検索すると出てきます。
バージョンは0.95.3なので、Window MakerのHPからダウンロードできるものより若干古いですが問題ないでしょう。一時期、開発が滞っていたようですが復活したようです。
・・・どうしてもWindow Makerで環境設定しなけれればならない事情が生じただけで、GNOME-Shellに不満がある訳じゃないですけど。

まずは仮想PCのubuntu GNOMEにインストール。さすがにキビキビ動きます。
認証画面が出てくるupdate-managerなどは、gksudoで起動すればパスワードの入力が前後するだけで問題ありません。Dockの設定でコマンドの頭にgksudoを付け加えればOK。
 
仮想環境で試してみて問題無さそうだったので素のUbuntu GNOMEにインストールしたところ、Window Maker Preferencesの文字化けがどうしても解消されず、ひとしきり悩んでいたところ、2ちゃんねるのスレッド「最強のWindow ManagerのWindow Makerを語れ。にそれっぽい記事がありました。その内容は616番目のレスにあるとおり「〜msttcorefonts とかいうパッケージを外したら解消」というものでした。
そこで、私も同じようにwineをインストールしているので、Synapticパッケージマネージャで検索してttf-mscorefonts-installerを削除したら無事に文字化けが解消されました。
あとは仮想PCの~/GNUstepを丸ごとコピーすれば全く同じ環境が構築できます。
 
私のメインPCがs30以前の時くらいにNetBSD上で使っていたWMなので随分懐かしく感じました。
見た目は変わっていませんけれど、軽量キビキビWindow Managerです。
 

Ubuntu

Posted by yoshimi