ホーム > タグ > GRUB

GRUB

GRUB 2 と PBR

どうやら、GRUB 2はMBRにインストールするのが基本らしいです。ubuntu日本語フォーラムで議論されていました。
それならばということで、あくまでもPBRへのインストールにこだわりパーティションを次のように変更して、何度目かのインストールを行いました。

sda
 sda1(Windows7 Loader)
 sda2(Windows7)
 sda3(ext4。すべてここにインストール。GRUB2もここ。)
 sda4(swap)

二つのOSで4つの基本区画を使用するのもどうかとは思いましたが、他にインストールするOSを増やす予定もありませんし、妙なパーティションも作らずに目的も達成できたからとりあえず良とします。

ただ、MBRにGRUB 2をインストールした場合は、何かの拍子で誤って/boot/grubが読み込めなくなった時にはWindows7も起動しなくなるので、復旧が若干面倒くさくなりますね。まあ、LiveCDで元に戻せるから気にしなくて良いのかも。

ということで、この件はここまでとします。

Ubuntu 9.10 Desktop 日本語 Remix

先日、パーティション設定で妥協したubuntu9.10のインストール。日本語 RemixでGRUB2の様子も変わっているかもと淡い期待を抱きつつ再度、インストールを試みましたが状況は同じでした。
念のため、ext3でフォーマットしてみましたがそれでもやっぱりダメでした。

GRUB2画像

GRUB2の解像度変更&画像設定です。

1 解像度変更
640×480を1280×800に変更します。
最初に、/etc/default/grubが反映されるので、/usr/share/grubからコピーして編集します。

cd /etc/default/
sudo cp /usr/share/grub/default/grub ./
sudo vi ./grub

(18行目の#を削除して640×480を1280×800に変更)
 GRUB_GFXMODE=1280×800

続いて、/etc/grub.d/00_headerも修正します。

cd /etc/gruc.d/
vi /etc/grub.d/00_header

(37行目の640×480を1280×800に変更)
 if [ “x${GRUB_GFXMODE}” = “x” ] ; then GRUB_GFXMODE=1280×800 ; fi

2 画像設定
詳細はhttps://forums.ubuntulinux.jp/viewtopic.php?pid=43021をご覧ください。

まず/usr/share/image/desktop-baseに好きな1280×800の画像(*.tgaか*.png)を保存します。
続いて、/etc/grub.d/05_debian_themeをファイルを開いて、次の行を探して強調されている部分を/usr/share/images/desktop-baseに保存した画像名称(拡張子なし)に変更します。

for i in {/boot/grub,/usr/share/images/desktop-base}/画像名称.{png,tga} ; do

3 最後にお約束。

sudo update-grub2

他にも、GRUB 2になって使えなくなったStartup Manager(usplash変更に使ってました)、ログイン画面の変更(メニューが無くなっています)、gnome-splashscreen(設定ツールSplash Screenで反映できない?)などなど、9.04までとは若干異なる部分がありました。
既に偉い先人の方々が色々調べられていると思うので、ボチボチ探してみます。

GRUB

GPartedでubuntuの論理パーティション(と拡張パーティション)のサイズを変更した後、Ubuntuが起動しなくなったのでGRUBを再インストール。

  1. UbuntuのLiveeCDで起動。
  2. GRUBをインストールしたいHDD領域をマウント。メニュー「場所」からドライブを選択すればOK。
  3. 次を実行する。以下の例のsda5は環境によって異なるので注意。
  4. $ sudo grub-install –root-directory=/media/disk/ /dev/sda5

おしまい。

Home > タグ > GRUB

2017年7月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

Return to page top