Ubuntu

昨日のブログの性能比較で、
$ vblank_mode=0 primusrun glxspheres
としていますが、ArchWiki -Intel Graphics (日本語)によると、単にディスプレイのリフレッシュレートにあわせず、垂直同期を無効にしてprimusrun glxspheresを実行しているだけらしいです。

ということでprimusrun glxspheresの実行結果は?というと、


$ primusrun glxspheres
Polygons in scene: 62464
Visual ID of window: 0x20
Context is Direct
OpenGL Renderer: NVS 4200M/PCIe/SSE2
61.965201 frames/sec - 64.542953 Mpixels/sec
60.067947 frames/sec - 62.566774 Mpixels/sec
60.067172 frames/sec - 62.565967 Mpixels/sec

となりますが、”vblank_mode=0 glxspheres”でも


$ vblank_mode=0 glxspheres
Polygons in scene: 62464
ATTENTION: default value of option vblank_mode overridden by environment.
ATTENTION: default value of option vblank_mode overridden by environment.
Visual ID of window: 0x20
Context is Direct
OpenGL Renderer: Mesa DRI Intel(R) Sandybridge Mobile
215.963417 frames/sec - 224.947495 Mpixels/sec
190.518084 frames/sec - 198.443636 Mpixels/sec
189.279573 frames/sec - 197.153604 Mpixels/sec

という結果になりました。
何だこれ?
Sandybridgeが優秀なの???

firefoxもnvidiaを活用するなら


$ primusrun firefox

で十分ということみたい。

まあGPUを活用することでCPUに余計な負荷がかからない、あるいはフレームレートは高いほうが良いのかもしれませんけれど、結局のところ動画鑑賞や最新のA列車、シムシティとかやらない限り、”optirun”と”primusrun”、あるいは”Sandybridge”と”NVIDIA NVS 4200M”の違いはわからないかも。
いわゆる「宝の持ち腐れ」若しくは「猫に小判」・・・ 🙁