Ubuntu

TrackPoint の設定、少し重たく感じていたので調整しました。
既出ですが、/etc/rc.local に次を追加します。

echo -n 200 /sys/devices/platform/i8042/serio1/speed
echo -n 200 /sys/devices/platform/i8042/serio1/sensitivity

数字は0~255までの範囲です。再起動すれば反映されます。
で、マウスの設定で適当な感度、速度に調整しました。

# 以前に紹介しました configure-trackpoint を強制的にインストールしても設定はできます。
# こちらです。
# ただし、バージョンが古いのか、11.04で動作保証されたものではありません。

・・・Unity になって感じたことです。
サイドバーの”アプリケーション”、使えば使うほど “よく使われるアプリ” が充実するので便利です。
ただ、タブレットPCの場合は大きなアイコンを間違いなく選択できるので便利かもしれませんが、マウスの場合、横に動かしてサイドバーのアイコンをクリックしてからお気に入りのアイコン、もしくは右上のすべてのアプリケーションから表示・検索するという動きになり、マウスカーソルを大きく動作させなければならないので不便さを感じました。

# “アプリケーション”の上で右クリックすれば、目的のカテゴリーが
# 表示できます。

見た目は、Cairo-dock のような派手な動きがなくて、効率的かもしれませんけれど少々さっぱりしすぎているなと。
で、Macbuntu 11.04 をインストールしてみました。
ISO はこちらです。
→//www.oslike.se/macbuntu-iso/7-macbuntu-iso-1104
日本語化は、Language supportから言語、地域フォーマットで日本を選択すると、インプットメソッドを始め、必要なファイルのダウンロードが行われ、ubuntu11.04のインストール直後と同じ状態になります。後日、日本語Remixを適用(レポジトリを追加)すれば完璧。

標準では Docky がインストールされますが、 Cairo-dock に変更しましたところ、いままでのApplication Menuも表示されました。
こんな感じです。

・・・サイドバー、いらない?

ログインで ubuntu クラッシック を選択すればサイドバーなしの今までどおりです。
しばらくこれでいってみよう。

Ubuntu

しばらく様子をみてましたが、今日アップグレードしました。
本当はクリーンインストールが良いのでしょうけど、特に問題もなさそうなのでアップグレードを選択。
トラックポイントの有効化は /usr/lib/X11/xorg.conf.d/20-thinkpad.conf ではなく、 gpointing-device-settings をインストールして設定することにしました。ホイールエミュレーションは設定ファイルのとおり”2″でOK。

その他にやったことは、

  • アップデートマネージャの設定ボタンからソフトウェアソースを整理
  • メニュー「システム管理」の「パッケージの整理」、それと 「Synaptic パッケージマネージャ」から不要な設定ファイルなどを削除

くらいで快適に動いてます。

Turboprint は turboprint_2.17-1beta_i386.deb なら確実にインストール可能ですが、以前にライセンス購入したのは turboprint_2.15-1beta_i386.deb なので、依存関係でインストールできません。
既に6ヶ月のライセンス期限も切れているし、あまり印刷するようなこともないので暫く放置とします。

Ubuntu

続きです。

  1. TrackPontの感度設定は”Configure Trackpoint”が便利だそうです。ありの日記さんのサイトで紹介されていましたので早速変更。もうrc.localで試行錯誤しなくてもいい!
    ついでにセンターボタンの有効化もttp.shではなく、/usr/lib/X11/xorg.conf.d/20-thinkpad.confでOKだそうなので変更しました。
    中身はこれ。

    Section “InputClass”
    Identifier “Trackpoint Wheel Emulation”
    MatchProduct “TrackPoint”
    MatchDevicePath “/dev/input/event*”
    Driver “evdev”
    Option “EmulateWheel” “true”
    Option “EmulateWheelButton” “2”
    Option “Emulate3Buttons” “false”
    Option “XAxisMapping” “6 7”
    Option “YAxisMapping” “4 5”
    EndSection

    感謝!

  2. GDM背景画像の変更(既出)。デスクトップと同じ画像にしました。
  3. Japanese Teamによる追加パッケージの設定。詳細はUbuntuの日本語環境をご覧ください。

ThinkPad

/etc/rc.localファイルに次を追加してトラックポイントのスピード、感度を調整します。
数字は[0-255]の範囲で。

echo -n 100 > /sys/devices/platform/i8042/serio1/speed
echo -n 160 > /sys/devices/platform/i8042/serio1/sensitivity

 
メニュー「システム」−「設定」−「マウス」の設定では、感度が低いほど軽くマウスカーソルが動きます・・・バグ?